ご相談・お問い合わせはこちら TEL 073-452-3696
〒640-8472 和歌山県和歌山市大谷403-3

和歌山県にある調剤薬局.在宅訪問サービス,求人案内

みやびブログ

みやびブログ
スタッフ紹介

■5月25日の辻先生によるお話しです

ホーム»  みやびブログ

みやびブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

1月24日、ご案内のとおり『第14回河西河北地区在宅勉強会』を実施しました。

1月24日、ご案内のとおり『第14回河西河北地区在宅勉強会』を実施しました。
今回は、最も在宅の現場に近い職種「訪問介護さん」との連携に関して、セントケア和歌山株式会社より管理者お二人にお越しいただいて、お話しいただきました。
皆さん、平成30年に『訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について』の一部改正された内容をご存知でしょうか?
その中の「見守り的援助」に「本人が自ら服用できるよう、服用時において直接介助は行わずに、そばで見守り服薬を促す・・・」という項目が追加になりました。
要するに、現場で介護ヘルパーさんは見守るだけではなくて、服薬を促すわけです。
薬剤師が在宅に関与している場合でも、通常は2週間に一度の訪問しかしません。その時に患者さん(利用者さん)の日頃の服薬状況まで把握することは、まず不可能です。
ここが多職種連携の大きなメリットの一つになるのでしょうが、(すべてではありませんが・・)現場のヘルパーさんからの服薬に関する報告がケアマネージャーさんにされていますので、その情報を薬剤師が入手できれば、結果として処方医へのより良い処方の提案や指導に生かされることになるのではないでしょうか。ただし、薬剤師は只々情報ちょうだい!!と短絡的におねだりするのではなく、日ごろから多職種連携が出来ているという条件付きになると思います。日中、薬局の中にこもって待っているばかりでは、得られる情報も得られないということになります。
今回実例として、骨粗鬆症の患者さんの週1回朝服用の薬剤に関してこんな質問が出ました。
「併用薬もあるので、ご家族からの要望で食後服用させていますが、説明書を読むと骨の薬は、食前と書いてあるのでどうか?」と。
薬剤師からの答えは明白で、「食後だと医師が期待している効果は出ないので、あくまでも食前に」と回答。「薬剤師が関与しているなら、医師に月1回の薬に変更依頼をしてもらえば、本人にもヘルパーさんにも負荷は減るのでは」と提案。
たったこれだけでも、セントケアの方々からは「来てよかった・・・」と感謝され、薬剤師からも貴重な情報を教えてもらい感謝し、つくづく「顔が見えないとあかんなあ」と実感しました。
和歌山市では、大きなくくりの多職種連携の研修や勉強会はされていますが、やはり原点になるのは、患者さん(利用者さん)が住まいしている『小さなエリアでの多職種の顔の『見える集まり』ではないでしょうか?
来月開催する「まるまるネットワーク」とともに、多職種勉強会(集まり)を継続していくことが、私たちの役割だとあらためて感じました。
 

2019-01-29 20:07:58

折りたたむ

新しい年が明けて早や半月が過ぎました。

新しい年が明けて早や半月が過ぎました。
和歌山市ではインフルエンザが流行期に入っています。
私どもの薬剤師瀬嶋匠は、夜間休日応急センターに担当薬剤師として出務しています。
今年も元日と13日(日)に出務しましたが、センター駐車場に入りきれないほどの患者さんが押し寄せ、警備員を急きょ配備したそうです。
さて年の初めですので、社員に今年の目標(抱負)を立ててもらいました。いつもは、文章で提出し半年ごとに成果確認と目標の再設定をするのですが、今年は趣向を変えて「漢字一文字または二文字」で出し合いました。
ちなみに社長である私の漢字は『進』です。足踏みしないで何事もしっかり前に進めていきたいと思います。
8名全員の目標が達成できますよう、共にがんばりましょう!

2019-01-18 09:19:00

折りたたむ

第14回の河西・河北地区在宅勉強会を実施します。

第14回の河西・河北地区在宅勉強会を実施します。
ケアマネージャー、訪問看護師、作業療法士とつないで多職種連携シリーズを行ってきましたが、今回は最も介護の現場に近いヘルパーさんとの対話となります。
この案内を見た方ならどなたでも参加できます。
事前にご連絡ください。
学生さんも歓迎です。  

2018-12-17 10:16:00

折りたたむ

平成30年12月6日第13回の「河西河北地区在宅勉強会」を実施しました。

平成30年12月6日
第13回の「河西河北地区在宅勉強会」を実施しました。
今回は、『多職種の方と薬剤師との連携シリーズ』の第3弾でした。
フリーランスで活躍中の作業療法士嵜山泰志先生にお越しいただいて『リハビリテーション職種との連携の取り方』と題しまして、お話しいただきました。
いつものメンバーに加えて遠く橋本市のけやき薬局から栗本薬剤師も参加してくれました。
これから在宅に力を入れていこうという強い決意をお持ちでした。
パーキンソン病の患者さんの服薬に関する情報交換や、嚥下機能を計る目安を教えていただいたり。
特にとろみ剤については、どの商品がその患者さんに適しているかは薬剤師には全く分からないので、勧めるポイントも教えていただきました。
薬を渡して(届けて)おしまいになりがちではありますが、服薬状況を知るために、そこから力を発揮するのが多職種の方々との連携だと思います。このような情報交換をこれからも継続してまいります。
どなたでも事前に連絡いただければ参加していただけます。
次回は、2月を予定しています。
またこのブログで紹介させていただきます。

2018-12-12 09:14:00

折りたたむ

平成30年11月22日「第4回まるまるネットワーク」を開催しました。

平成30年11月22日(木)…『いい夫婦の日』
第4回のまるまるネットワークを開催しました。
今回の参加は、医師2名、中江病院地域連携室から1名、薬剤師5名、ケアマネージャー1名、訪問看護師3名、作業療法士1名、第2在宅介護連携推進センターより1名、包括支援センター所長、ほか2名で18名参加でした。
包括支援センター有功の中村センター長による「自立支援型ケアマネジメントの考え方と自立支援型地域ケア会議」についてお話をいただきました。
資料も見やすく編集されていたのと中村さんの歯切れの良い話し方で、あっという間の40分でした。資料ご希望の方がいらっしゃいましたらお送りしますので連絡ください。
そしてネットワーク終了後に、より顔の見える関係づくりにために忘年会を開催。
残念ながら写真はアップできませんが、大いに盛り上がり大盛況でした。
皆さん本当に有難うございました。

2018-11-29 10:50:00

折りたたむ

平成30年11月度の中江病院緩和セミナーに参加しました。

平成30年11月度の中江病院緩和セミナーに参加しました。
今回は「社会福祉士から見た『成年後見人制度の実際』」というテーマで塩津先生にお話しいただきました。
私どもは、今まで3人の成年後見人の方と薬剤師居宅療養の契約をしてきましたが、すべて司法書士の方でした。
今回の講師は、社会福祉士とケアマネージャーを兼務されているということで、現場での生々しい内容を話されました。
超高齢化が進む日本では今後も、生活保護受給の方や、自己判断できないで孤立していく老人は、減ることはありません。特に和歌山県。
そのような環境の中で、重い責任と判断を要求される後見人は、現場に近い人ほど大変な職責だということを痛感しました。頭が下がる思いです。
 

2018-11-26 10:35:00

折りたたむ

ジェネリックの取り組み

先月、協会けんぽからジェネリック医薬品の使用割合に関する個別のデータが、配布されました。
これを見ると一目瞭然、ジェネリック医薬品に関する自薬局の立ち位置が良くわかります。
学校や営業の会社ならいざ知らず、はっきりと点数化されて自分たちの成績が『見える化』されることのない薬業界ですが、これはとても良い資料だと思います。
社員にも公開して、今後の取り組みについて全員で検討しています。
 

 

2018-11-09 10:07:00

折りたたむ

第4回まるまるネットワーク開催

当薬局がお世話をさせていただいている、楠見・有功地区の多職種ネットワーク「まるまるネットワーク」の第4回開催が決まりました。
今回は、包括支援センターの中村センター長に「和歌山市が取り組んでいる地域ケア会議」についてお話をしていただきます。
近隣の医療・介護に関わる方ならどなたでも参加していただけます。ぜひご連絡ください。
 

 

2018-10-30 10:07:00

折りたたむ

和歌山市の奨学金助成制度

今年も和歌山市役所の総務課の担当者の方が「和歌山市の奨学金助成制度」への参画依頼で来局されました。
和歌山医大の薬学部の工事も進む中、和歌山市で薬剤師として活躍していただくために当薬局は、第1回から参画しています。
今回の募集は、東京オリンピックが終わったあくる年、2021年4月採用分となっています。
薬学生の皆さん、ぜひご応募ください。

2018-10-24 09:27:30

折りたたむ

ジェネリック医薬品使用義務化について思うこと

10月1日から「生活保護の後発品使用原則化」という規定ができ、卸やメーカーさんからそれにちなんだ資料がたくさん届いています。
聞くところによると、後発品への切り替えで大変な騒ぎをしている薬局さんもあるとか。
私どもは、生活保護の方の後発品調剤切り替えは、今年7月ですべて終了していますので、月初に送っていた福祉事務所への報告もしなくていい状況です。
特に生活保護の方について限定して取り組んできたわけではなく、他の公費負担の患者さんにも、そうでない一般の患者さんにも区別なく説明させていただいた結果だと思います。
私どもの後発医薬品調剤体制加算の届け出は2ですが、現在ちょうど85%となりました。
集中率40%でこの数字は、少しだけ自慢できます。それもこれも患者さん一人ひとりがきちんと説明を聞いていただき、後発医薬品を選んでいただいた結果です。
服薬指導もそうですが、相手が聞く耳を持ってくれるような話しかけが必要ですね。

2018-10-22 09:26:09

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
ページのトップへ